銭湯での恥ずかしい思い出 専業主婦さんの投稿

専業主婦 40歳 女性

私は夫と息子二人の四人家族です。
もう20年以上も前のことですが、東京の大学に進学した私は、アパートにお風呂がなかったので銭湯に通っていました。

学生時代の4年間を過ごしたのは杉並区です。
アパートの近くにある銭湯は3軒とも番台形式で、どこも中年の男の人が座っていました。

そのうち1軒はロッカーさえなく、貴重品は番台に預け、脱いだ物や着替えは籠に入れるという古い造りでした。
どの店にも目隠しの「ついたて」などなく、番台から女湯の脱衣場全体が丸見えの構造でした。

脱衣場ではなるべく番台から離れた場所で服を脱ぎ、タオルで前を隠しました。
裸になって脱いだ物を籠やロッカーに入れるときや、洗い場から出てバスタオルを取り出すときは、背中を番台に向けているだけに上体を屈めないようにしていました。
うっかり上体を屈めたりすると、番台の男の人に陰部を見られてしまう危険があったからです。

それでも、無防備に上体を屈めて陰部が丸見えになっている人、全裸で前も隠さず番台の男の人と話をしている人、番台のすぐ前で裸を鏡に映している人も結構いました。番台の男の人が女湯の脱衣場や洗い場に入ってくることも度々ありました。

脱衣場で下着姿になったとき、モップをかけていた男の人が私の側まで来ると手を止めました。
私が洗い場に入るのを待って床を拭きたい様子なので、恥ずかしい気持ちを押し殺して、その人が見ている前で裸になりました。
体が強ばるような思いでした。

洗い場では、一番奥のカランで体を洗って立ち上がったところにボイラー室の扉が開いて男の人が入ってきたので、全裸の私は前も隠さないまま目の前の男の人と向き合う羽目になったこともあります。
本当は胸と下腹部を手で隠したかったのですが、そんな真似をすると相手を意識していることになると思い、じっと耐えました。

当時、お風呂付きのアパートに住めたのはリッチな人だけで、お金のない女子学生や若いOLは、男の人が番台に座っている銭湯でも利用せざるを得ませんでした。で結婚するまで男の人を知らなかったこともあり、本当に恥ずかしくてイヤでした。今となっては、エッチな思い出話ですが・・・。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww
One comment on “銭湯での恥ずかしい思い出 専業主婦さんの投稿
  1. 昔は銭湯は避けては通れない時代だったんだぜ。

    裸も見られて当然だったんだぜ。

    羨ましい時代だったんたぜー!
    いいなーあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。