姉におちんちんを凝視された

習志野今平 男性 ?歳
私が小学校低学年の頃、トイレに入っていたら電球が切れたのでその事を叫ぶと、3学年上の大好きな姉が懐中電灯を持ってきて明るくしてくれました。
明るくなって安心していたら、姉は懐中電灯の光を私のおちんちんに当てて、目を大きく見開いて凝視し始めました。


私は初め何をしてきたかわからず、何も対処できませんでした。
まさか、姉は覗きに来ていたなんて。気付いてからも、どうしたらいいかわからず、姉におちんちんを見られるがままでした。私は恥ずかしくて顔が真っ赤になってしまいました。
その恥ずかしさで涙が出そうでしたが、何でもないふりをして必死に堪えてました。
私は心の中で、「恥ずかしい!姉ちゃんのエッチ!これじゃもうお婿に行けないよ!」と言って
思い切り泣き叫んでいました。
私は姉の事が女の子として大好きだったので、大好きな女の子におちんちんを見られた事になります。
自分の姉とは言え、大好きな女の子におちんちんを見られるのは、物凄く恥ずかしかったです。
姉は自分の弟のおちんちんを凝視しながら、物凄く嬉しそうににやけて喜んでました。姉はこれに味をしめ、トイレに入っているところを開けて覗いてきたり、おしっこしているところを横から覗いたり、着替えでパンツ脱いでいるところを覗いたり、すれ違いざまにお尻を触ったりしてきました。
その姉はもう結婚して子供もいますが、今でも姉の事を愛しています。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww
2 comments on “姉におちんちんを凝視された
  1. お姉さんが結婚する前に好きだという事を伝えればよかったかもね。
    おちんちんを凝視するってことは、
    お姉さんも習志野今平さんが好きだったんじゃない?

  2. 今頃お姉さんは思い出してオナニーしてるんじゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。