ビジネスホテルのマッサージ

はやま 31 男性
田舎に出張に言ったときのことです。普段デスクワークなのですが、支社で人が足りなくて、本社から応援に駆けつけることになりました。
仕事の内容は書類の整理です。膨大な書類があって年に一回やらされています。アルバイトでも雇ってやればいいのに、せこい社長が、社員が余ってるからといって、本社から応援を出すのです。
忙しくて、残業代も出張手当も出ないのに本当は行きたくないのですが、命令なので行かなくてはなりません。


僕が出張に行っていた間ももちろん、僕の仕事はありますが、だれに手伝ってはくれません。
出張から帰ったら残業してでも終わらせなければならないのです。
だから、本当にボランティアです。会社のために無償で働くのです。バカみたいでしょ?まあ、それはおいときます。
出張は2泊3日の予定でした。2日目の仕事が終わる頃には体中が筋肉通で、痛くて痛くて仕方がないので、ホテルでマッサージを呼びました。
きたのは50代くらいのおばさんです。下手をすれば自分の母と同じくらいの年齢の人です。まあ、マッサージなので気にしませんでした。
しかしこのおばさんがよくしゃべるしゃべる。うるさいのですが。僕は適当に返事をしながらあしらっていました。
でも、マッサージは上手です。すごく楽になっているような気がしました。1時間ほどマッサージをしてくれた後、仰向けにさせられました。
そして突然パンツに手をかけ、一気にちんちんを露出させました。そしてちんちんをつまみ、しこしこしてくれ始めました。
僕が「え?」というと「いいのよ。いいのよ。これもサービスだから。楽になってね。お客さん」といいながらしごき始めました。
まあ、まんざらでもなかったのですが、なんせ母親くらいの人です。とても不思議な気分でした。
おばさんはまたひとりで話し始めました。
「気持ちいいでしょう?むすこもあんたと同じくらいなの。どこで何をしているのやら。ほんと親不孝な子だよ。お客さんみたいにちゃんと働いてくれてたらいいんだけど・・・」
ずっとそんな話をしながらぼくのちんちんをしごいてくれるのです。そして僕が射精すると、「ああ、でちゃった、でちゃったねー」と1人で話すのです。
なんか申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、おばさんは「ありがとうね」といって出て行きました。
その夜は、なんか切ない夜になりました。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。