女を”とりこ”にする超SEXテクニック

しんじ 55 男性
僕がセックスをおぼえたのは高校生頃でした。当時は普通の普通でした。ただ、裸で抱き合って簡単に前戯をし、挿入で終わり。
そのまま二人で眠ってしまうというコースでした。当時はこれは普通出し、相手も満足していると思っていました。
しかし、就職後に風俗の女と出会ってからセックスに対する心構えがまったく変わってしまいました。


飲み屋で風俗女と知り合い、意気投合してそのまま風俗女の家に行きました。初めての夜からとても激しかったです。
それまでは普通のセックスし貸したことがなかったのですが、相手はその道のプロです。どんなセックスかとても楽しみでした。
僕は、一応年上なのですが、がんばっていろんなことをしようとしたのですが、軽く笑われてしまいました。
そして耳元で「いろいろ教えてあげる」と囁かれ、僕は相手の言いなりになりました。
女は僕の上になったり下になったり、逆になって舐めあったり、相手の動きに合わせるので精一杯でした。その夜ははじめて一晩で5回もイかされてしまいました。
セックスとはこんなにも気持ちよくて、ねちっこいものだとはじめて気づきました。
それからは毎日が勉強でした。舐めるのも、ただ舐めるのではなく、時には軽くかんだりすったりして、女の様子を見ながら、女がどうやったら気持ちよくなるのかを観察しながら舐めました。
舌がつってしまうまで舐めました。臭くて嫌で仕方がなかったのですが、女がとても気持ちよさそうにするので、だんだん楽しくなり始めました。
女とのセックスも日がたつに連れ変わってきました。僕は体力が続くまで女を喜ばせ、女はだんだんマグロになっていました。
僕は女の部屋に行くと、女の服を一枚ずつ脱がせ、全裸にした後、やさしく暖かい濡れタオルで全身を拭きます。
そして全裸の女の身体を一時間くらい時間をかけてマッサージし、気持ちよさそうにしてる女がウトウトし始めたら、クンニを始めます。
グチョグチョになるまで舐めたり、指でいじくったりを繰り返します。もう、舌も腕も指も全身が痙攣しそうなくらいまでやります。
女が「もういいわ」と言うとはじめて、僕とのセックスになります。その後、二人の節句は一晩中やっているので、体力がなくなります。
次の日はお昼過ぎまで寝ていることが多かったです。もちろんチンポに真珠を入れたりなんてのは当然にさせられました。
その女と別れてからはいろんな女とやりまくりましたが、みんな僕に惚れるようになりました。やっぱり一度僕と寝た女は僕のことを忘れられないようです。
忘れたくても体が忘れないのでしょう。僕はこの歳になった今でも、何人もセックスフレンドを抱えています。
もちろん20台の若い子もたくさんいますし、人妻なんかもいます。みんな僕のようになれるようにがんばってください。女はセックステクで簡単に落とせます。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。