パパのエロイイ話

ようこ 29歳 女性
私たちの家族はお父さんとお母さんのお姉ちゃんと私の4人家族です。お父さんは公務員でお堅い仕事についているんですけど、ちょっとエッチです。
うちの家族はお母さんが強いので、お父さんが一番下です。いつもお母さんに怒られていてかわいそうなお父さんですが、わたしもお姉ちゃんもお父さんがかわいくて仕方がないです。
小さい頃からお父さんとは一緒にお風呂に入っていました。


私たちが中学生や、高校生になって変わったのは、今日は私、明日はおねえちゃん、明後日はお母さん、と言った風に、毎日交代でお父さんとお風呂に入りました。
我が家ではお父さんはいつも誰かとお風呂に入りますが、女はひとりではいるかお父さんと一緒に入るかのどちらかでした。女同士では入りませんので。
だから、私はお父さんのおちんちんも何度も見てるし、お父さんも私の身体を何度も見ています。
もちろん、お父さんはエッチなのでおっぱいやお尻を触ってくることは何度もあります。
最初からだれも「やめて」って言いません。みんな無視です。お父さんはいつも「いい尻をしとる」といいながらみんなのお尻を触るのは毎日のことだからです。
お風呂では、「おっぱいも大きくなったなー、もっと大きくしてやろう」といいながら揉んできます。
「いやん、やめてよ。」とじゃれあって遊んでいます。もちろんお父さんのちんちんは立っていたりするので面白いです。
そんな家族なので、私は彼氏が出来ても男に対して免疫がありました。彼氏のおちんちんを見てもなんとも思わなかったし、裸を見られることにも抵抗はありませんでした。
こんな生活はお姉ちゃんが大学を卒業するまで続きました。
私が大学2年のときです。その時付き合っていた彼との間に子供が出来てしまいました。
そして学生のまま、私は彼と結婚することになりました。ちょうど同じ時期おねえちゃんも婚約したようで、二人そろって家をでることになりました。
お父さんは引越しも手伝ってくれて笑顔でしたが、お母さんには「さみしいね」と漏らしていたそうです。
それから、初めてのお正月にお姉ちゃんと私の二人だけで実家に帰省しました。
久しぶりにみんなでいっしょにお風呂に入ろうということになったのですが、おとうさんは首を横に振って言いました。
「1人で入りなさい」
珍しいことを言うんだな、と思いましたが、すかさずおねえちゃんが、「なに、一緒に入りたいんでしょ?恥ずかしがらなくていいよ。ねえ、一緒に入ってあげるから。」と笑いながら言いました。
するとお父さんがかっこよく言いました。
「もうみんな別々の家族だから、それぞれ1人で入りなさい。でも、家族が出来たらみんなで一緒にお風呂に入ってあげなさい。お風呂で学べることは多い。お風呂でみんな仲良くすれば、これほど家族の絆を作れる場所はない。
みんなうちで習ったことを絶対に忘れずにいて欲しい。いままでありがとう」
私もおねえちゃんも感動して涙が出ました。確かにお父さんの言うとおりでした。
いつもエッチなお父さんがピシッとこういうことを言って、とてもかっこよかったです。
私の子供は女の子でしたので、パパと一緒にお風呂に入らせようと思いました。
お父さんはただのエロ親父ではなかった、私にとっては最高のお父さんです。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww
3 comments on “パパのエロイイ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。