書道の授業中、先生が手を添えて教えてくれる

たっくん 39 男性
高校の頃、選択科目で書道を選んでいました。書道の先生が美人だったからです。
それもすごく美形でモデルのような先生でした。でも授業は厳しく、私語のひとつも許してくれません。
僕らの学校は進学校なので、推薦枠獲得のためかなりみんな必死でした。書道も馬鹿にせずみんなまじめに授業に取り組んでいました。


その書道の先生ですが、僕らがまじめにやると喜んでいろいろ教えてくれました。
「先生、こここれでいいんですか?」と聞くと、僕の後ろに回って、僕の手を添えて、
「いい、こうやって書くのよ。身体で覚えて」と一緒に字を書いてくれます。
手が触れ合っているだけで射精物なんですが、先生のおっぱいが玉に僕の頭に当たるんです。
なんか頭に当たるなーとおもっていたのですが、 位置関係から先生のおっぱいであることがわかったときとても興奮しました。
先生が手を添えて教えてくれるのは1授業で1回が限度でした。授業は週に一回しかないので毎週のお楽しみでした。
いつもおっぱいがあたるわけではないのですが、たまにおっぱいがあたると頭を少し動かせて、おっぱいの感触を味わったこともあります。
多分、ばれてないと思います。頭で先生のおっぱいの大きさややわらかさを感じると、そこから先生のヌードを想像しオナニーできました。
とても充実した高校生活でした。それだけが僕の青春時代の思い出です。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。