出会いサイトで知り合った娘は処女だった(剃毛プレイ)

しゅうぞう 29歳 男性
初めて出会い系サイトを利用したときのことです。友人に使い方とポイントを教えてもらうとすぐに、サクラではない女の子と何人も出会えました。
僕が会ったの娘のほとんどはおこずかい目当ての子でしたが、中には真剣交際の相手を探している子もいいます。今回の思い出は、そこで出会った女の子が処女だったときのお話です。
いつもどおり駅の前で待ち合わせました。制服の女子校生がたくさんいました。少し離れたところから電話をしてみると、おとなしそうな子が電話を取り上げました。


いま時の娘のような派手さはないけど、尽くしてくれそうないい娘そうでした。僕は彼女の前に行って、「こんにちわ」と挨拶しました。
彼女はちょっとびっくりしたような顔をしましたが、すぐに笑顔で「こんにちわ」と返してくれました。それから軽く会話をして、普通にファミレスに向かいました。
僕は口には自信が合ったので、ほぼファミレスでの会話でホテルか家までお持ち帰りが出来ます。その日も彼女も楽しそうで、笑いすぎてお腹が痛いとまで言ってくれました。
その後の会話で彼女は、「真剣に付き合ってくれる人を探してる」と言いました、僕は「俺はどうなの?」と聞くと、「ううん。まだわかんない」というので、「なんで?」と聞くと、「遊んでそうだし・・・・」といわれました。
「それは、本当の恋を探すために、いろんな人と出会いたかったんだよ。・・・でも、もう今日でそんなこともする必要なくなったよ」「・・・・。でも、まだ逢ったばかりだし・・・。」「はじめて、一目惚れって言うのを経験したかも」「・・・・・今までいろんな人と付き合ってきたんでしょう?」
「僕は本当の愛って言うものを知らなかったんだよね、今日までは」「・・・・・でも、家に帰ったら女の人が待ってたリスrんじゃないの?」「自分の目で確かめてよ」
手応えは十分でした。僕たちはそのままタクシーで僕の家に向かいました。
家に帰ると僕は、暗めの間接照明をつけ、ジャズを流しながら、お香をたきました。もうやるための準備は万全です。そして軽くお酒を飲ませます。
お酒にもその雰囲気にも酔ったのか、彼女が僕に体を寄せてきました。僕は彼女の肩を抱き寄せ、彼女の顎を上げ、唇にキスしました。柔らかい唇の感触が気持ちよくて、ずっとキスしたままでした。
彼女が僕の腰に手を回しました。僕はそっと、彼女の服を脱がせ始めました。シャツのボタンをはずし、白いブラジャーが出てきました。僕はブラジャーのホックをそっとはずすと、まだ発育途中の小さ目のおっぱいが顔を覗かせました。
ピンク色の乳首で、とても可愛らしい乳房でした。僕は指先で、乳首をもてあそびました。「くすぐったいよ」と彼女はそっと僕の耳元でささやきました。
そして「私初めてなの」と続けてささやきました。僕は耳を疑いました。そして、彼女の初めての男になれるんだと思うと、やる気が出てきました。普通の子ならやらしてくれないような技を、やらせてみようと思いました。
僕は服を脱ぎ、パンツ1枚になりました。そして彼女のスカートも脱がし、白パンツ一枚の格好にさせまた。僕がパンツに手をかけると、恥ずかしそうに嫌がりました。
「大丈夫、恥ずかしくないよ」と諭して、ゆっくりパンツを下ろしました。ふさふさした毛が生えていました。僕は毛をつかんで、「他の人とHできないように、毛をそってもいい?」と聞きました。
彼女はびっくりしたようで、「え?」と照れ笑いで聞いてきました。僕は「みんなやってるよ」といい、ひげそり用のシェーバー等を持ってきました。僕は有無を言わさずに彼女の毛を泡立てました。
「あ、ちょっと、ちょっとまって」というので「どうしたの?」というと「私だけ?」というので僕は迷いましたが、「俺は後で自分でそるから」と言ったのですが、「だめ、私がそるの」と言うことを聞きません。
「じゃあ、わかったよ。後で剃ってね」と言い、彼女を寝かせました。全裸で寝ている彼女の体は、いい眺めでした。もちろん恥部は泡で覆われています。僕は彼女の恥部をゆっくり見ながら、毛をそり始めました。
「いたくない?」と聞きながら、ゆっくり剃りました。表面は綺麗になりました。「つるつるになったよ」と彼女に言い、「もうちょっと足開いて」と彼女の足を強引に開きました。
まだ全然汚れていない綺麗なおまんこが見えました。「あ、ここにも毛が生えてるから」といって、彼女の足をM字開脚させました。彼女は足を閉じようとしました。「動くとほんとに危ないよ」といい、ゆっくりおまんこを観察し始めました。
実際、あまりじっくりと見ることはありませんでした。こうやってじっくり見ると、おまんこって本当に不思議な生き物です。おまんこの周りをあわだて、ゆっくりと毛を剃り始めました。
ぶよぶよして剃りにくかったし、不可抗力でおまんこの手があたると彼女の体が動いて、ほんとに危なかったです。でもすっかり綺麗にそれました。
「アナルにも毛が生えてるから、四つん這いになってくれる?」というとすごく嫌がりました。それでも何とか説得して四つん這いになってもらいました。
彼女に自分で、両手でお尻を開いて、肛門見せてというと、すごく恥ずかしがって、作業が全然進まなくなりました。始めて出会った人、それもこれから付き合うかもしれない人に肛門まで見られるのは抵抗があったようです。
僕は強気で、「じゃあ、もう一回仰向けに寝てくれる?」と言い、彼女が仰向けになると、両足を持ちあげて、まんぐりかえしをさせました。「いやー」と彼女は叫びましたけど、「ちょっとがまんしてね」とその体勢のままにさせました。
おまんこもアナルもおっぱいも顔も丸見えです。まるっきり汚れてなくて、とても綺麗な体でした。僕は肛門の近くの毛をわざとゆっくり剃っていきました。
十分堪能した後で、「剃りたての綺麗なままの写真とって良い?証拠のために」というと、激しく嫌がりました。でも、「みんなやってるから」と何とか説き伏せ、写真を撮らせてもらいました。
また彼女を仰向けにさせ、僕は指をゆっくり入れました。とても痛がっていました。あまりにも痛がるので、今日はやめることにしました。お互い服を着て、まったりすごしました。
彼女は僕の毛を剃ることを忘れていたのか、遠慮していたのかわかりませんが、何もいいませんでした。そのまま駅まで送っていきました。その後何度かメールのやり取りをしましたが、そのまま二人の関係は消滅してしまいました。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。