3人の女の子の前で手コキで発射させてもらった

つよし 34歳 男性
大学生の頃の話です。コンパで知り合った女の子3人を僕のアパートにお持ち帰りしました。女の子たちは3人いるし、襲われることもないだろうと言う気持ちだったと思います。
僕は運よければ3人とも襲ってやろうと思っていましたが。
僕は酔っ払らうとズボンを脱ぐ癖があります。そのときも調子に乗ってズボンとパンツを脱いでしまいました。ちんちんを出して、「見てみて」と女の子にこっちに向いてもらいました。


女の子一人だったら、引いていたのかもしれませんが、3人いると、笑いながら、じっと見ています。「へー、こんなんなんだ」とか、「おおきいね」とか「すごーい」とか言い合っています。
「ねえ、ミキ、あんたはじめてじゃないの?」「うん、はじめてかも」「え、はじめてみたの?」と僕。「う、うん。」とミキ。「え、じゃあ、もうちょっとサービスしてあげようかな」と僕は服も全部脱ぎました。
僕は体を鍛えていたので、腹筋も割れていました。「すごーい」と女性たち。僕はすっかり気分が良くなりました。
僕は立ち上がって彼女達の前に立ちました。彼女達は座布団の上に座っていたので、僕のちんちんが目の前に来て、恥ずかしがりながら、「きゃー、すごーい。目の前にあるよこれ」「ちかい、ちかい」等、大変な盛上がりです。
僕は「お腹思いっきり殴っていいよ」と彼女達に言いました。彼女達のうち一人が、「え?、いいの、と言い、かるくパンチしました。」そして、「きゃー、ちょうかたーい、なにこれ~」と叫びました。そして手で腹筋を触り始めました。「ねーこれ超硬いよ。ほら、」と言って他の女の子にも触らせました。
そのときあまりにも気持ちよかったので、ちんちんがピクっと動きました。みんな見逃しませんでした。「きゃー、うごいた」「びっくりした~」「えーなんで動くのこれ?」「どうやってうごかしたの?」
また盛り上がりました。僕は「さわって」といいました。すると一人がちんちんを人差し指と親指でつまんで持ちました。「そんな汚いものを持つように持たないの」とか他の女の子がいっています。ほんとに良くしゃべっています。
ちんちんをつまんで、上に持ち上げ、ちんちんの裏を見つめました。そして別の子が玉をつまみました。「あ、すごい、ぶよぶよしてる。きもちいい」と玉を揉みながらいいました。「ミキも触ってごらんよ」と呼びかけ、遠慮がちのミキが「うん」といい、玉をつまみました。
ちんちんをつまんだ子は、「すごーい」といいながら、ちんちんを左右に振っています。3人の若い女のこが僕のちんちんで遊んでいます。
「ねー、袋の中にほんとに玉があるんだね、ほんとに金色なのかな~?」「見てみる、きってみようか?(笑)」「見たい見たい」「玉をつぶしてみたいね」などほんとにかわいがってくれました。
ちんちんをつまんでいる子も、僕の皮をむいて遊び始めました。「いたい?」と言いながら皮をむき始めました。僕は「火星人だからへいきだよ」と言いました。
そしてその子が、「ミキ、これが亀頭で、仮性包茎の人は、普通のときはこの亀頭が皮にかぶっているの。でも、大きくなったら全部出てくるのよ。」と中途半端な説明をしました。ミキは「へー、くわしいね」と言い、「大きくなるとこみたい」と言いました。
「あ、わたしもみたい」「わたしも」と3人とも同意しました。僕は「フェラしてくれたら大きくなるよ」と言いました。3人とも「えー、いやだ」と言いました。友達の前でフェラするのはさすがにためらっているようです。
僕が「おねがい」と頼むと一人が、「しょうがないわね」と言い、「やってあがるよ」と言いました。僕は内心やったと思いながら彼女達の前に寝転びました。
さっきちんちんをつまんでいた子です。その子はちんちんをつまんで、パクっとくわえました。他の二人は覗き込むようにその様子を見ました。
僕からは四つん這いになっているミキのパンツが丸見えでした。ミキの体に邪魔されてちんちんは見えませんでした。
そういう状況で、しかもフェラの舌使いが上手だったので、あっという間に勃起してしまいました。彼女はフェラをやめて起き上がって「どう?」と言いました。「すごーい」「はやい」など感想を言い合っていました。
僕は勃起したちんちんをそのままで、「どう?今まで見たのと比べて?」と聞くと、「今までの人より全然大きい。長いし、太いもん。」と行ってくれました。
ちょうどそのとき電話がかかってきました。僕はそのままの格好で電話をとってもらい、電話に出ました。先に帰ったコンパの友達でした。「僕は3人とも今俺ん家にいる」というと「まじ?いいな。楽しんでくれよ」とそんな内容でした。
電話を切ると、ちんちんは萎えていました。そして「もう一回立たせてあげてくれない?」というと、女の子は、「さっき私だったから今度は、Tがやってよ」と別の子にふりました。
別の子は「エー、」と嫌がりましたが、「はやく」と女の子に急かされると、ちんちんの前に行きました。そしてちんちんをくわえました。すると股残りの二人も前のめりになり観察し始めました。僕はミキのパンツがまた丸見えでした。
あっという間に勃起しました。勃起したちんちんを見て、Tは勝ち誇ったような顔で「どうよ」といっていました。みんな笑っていました。僕は「きもちいい、もう我慢できない、いかせてよ」と頼みました。
するとさっきフェラをしてくれたTがチンチンを掴み手コキを始めてくれました。みんなまた前のめりになりました。ミキのパンツがまた見えました。僕はもう我慢できなくて、ミキの腰を触って、「俺の腹の上にすわってくれない?」と体を動かせようとしました。
ミキが体を動かし始めたので、僕はミキのお尻の位置に手を下ろし、「もっとこっち」とミキの体を誘導しました。ミキが僕の体をまたいでひざ立ちになりました。僕はミキのお尻と腰を掴んで、「すわって」と腰を引きました。ミキは「だいじょうぶ?」といい、お尻を僕のお腹の上に乗せました。
ミキのお尻はすごく大きくて、やわらかいので、すごく気持ちいいのです。その間もずっと手コキを続けてくれていました。僕から見えるのはミキの後姿だけです。Tが「疲れた、変わって」といって、別の子に変わりました。
ミキが僕のほうを見て、「大丈夫?重いでしょ?」と言いましたが、ぼくは「「大丈夫、」といいながらミキのウエストを両手で触りました。ミキが嫌そうな反応でなかったので、僕はもう一歩進みました。
「もう、おねがいだから、おっぱいもませて。」こういう状況で恥も何もありません。「おねがい」というと、手コキをしてるこが、「減るもんじゃないんだし、いいよね、ミキ?さわらせてあげなよ」と言ってくれました。
僕はミキの答えを待たずに、ミキのTシャツの下から両手を忍ばせました。そして大きなふくらみの感触があり、僕はブラの上からミキのおっぱいを揉み始めました。
結構ボニュームのあるおっぱいでした。ちんちんを二人の女の子で交代でしごいてくれて、さらにもう一人が僕の上に馬乗りになって、ぼくにおっぱいをもまれているんです。最高のシチュエーションです。
僕はブラの上からでは物足りなくなったので、ブラの下から手を入れました。ブラを上にずらして、生でおっぱいを揉みました。ミキは、「あ、あん、気持ち言い」と声を出していました。
僕も負けずに「あ、きもちいい」と声をあげました。その直後に発射しました。
僕はミキのおっぱいを握ったまま発射しました。「でた、すごーい」と声をあげました。
ミキが「あ、服についてる」と言いました。女の子達が笑い始めました。どうやら僕の精子がミキの服に飛び散ったようです。ミキは僕の手を振りほどいて、「ティッシュ・・・」といいました。
僕が手を伸ばしてティッシュを渡してあげました。すると一生懸命、精子を拭き取っていました。
僕はミキを下ろして自分で、ちんちんを拭きました。いってしまうと急に恥ずかしくなります。僕はちんちんを服とすぐに服を来ました。気まずい空気が流れました。
女の子達が何かしゃべって笑っていました。僕はこの気まずい空気の流れを変ええる一言を知っています。こういう空気のときには、こういえば、流れが元に戻せます。
僕は改まって、「みなさま、ご馳走様でした。」と深々と頭を下げました。
 

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。