サークルの歓迎会で、後輩の女の子達の一発芸がエロすぎ

やっくん 26歳 男性
うちのサークルの歓迎会は一年生は必ず一発芸を迫られます。もちろん男、女差別なくです。しかもその一発芸は、誰かの笑いを誘うものでなくてはならないのです。もし、できなかったり、場をしらけさせてしまうと、ビールの一気のみで、盛り上げるしかなくなります。
女の子の一発芸はショートコントや、ダンスなどかわいいものが多いのですが、その日の最後の二人組みは、セクシーポーズが一発芸の女の子二人組がいました。


女の子二人組みがみんなの前に立ち、「私達の一発芸は、セクシーポーズで、みなさんを魅了しまーす。せーの」と言って、二人して前かがみになって、おっぱいを寄せて「だっちゅーの」と言いながら、昔はやったポーズをしてくれました。
しばらく寒い空気が流れました。そして、女の先輩が「それだけ?」と声をかけました。ふたりは笑顔で「はい」と答えました。女の先輩はちょっと怒ったような口ぶりで、「却下」と言いました。
彼女達は困ったようです。女の先輩が「一気飲みする?」と聞きました。彼女達は一人は「わたし、お酒の飲めません」といいました。コンパなら許される発言でしょうが、歓迎会では許されません。
場はまたしらけました。女の先輩はため息をつきました。かなり重い空気が流れ始めました。
しばらく沈黙の後、女の先輩が、「場をしらけさせた罪は重いよ。」と怒り始めました。ちなみにこの女の先輩が部長です。部長は、「セクシーポーズって、全然セクシーじゃないもの。セクシーポーズするなら水着くらい用意しないと」
彼女達はうつむいたままです。彼女達はその助け舟に乗りました。「私達水着は持ってきてませんけど、下着でもういちどセクシーポーズします。やらせてください。おねがいします。」といいました。
部長が、「いいわ、やってみなさい。」と言いました。彼女達は、その場で服を脱ぎ、下着姿になりました。二人とも一応上下おそろいの下着で、一人は白でしたがもう一人は、上下とも黒でした。
僕はかわいそうだなと思ってましたが、彼女達はほんとにナイスバディーで、ピチピチの肌に、締まるところはしっかり締まっているし、でるところもちゃんと出ていて、すばらしいスタイルでした。
後輩の下着姿を見ているというHな気持ちが半分でしたが、あまりにも彼女達が堂々としてるので、なんか見られるのになれているような気分に陥りました。
そして彼女達はまた「せーの」といって、セクシーポーズをしました。前と同じポーズでした。場はまたしらけました。部長が「違うポーズにしなさいよ」とダメだしが入りました。
彼女達は、下着姿のままなにやら相談して、今度は違うポーズをとりました。髪を後で束ねて、僕達を誘惑する目で見てるといった感じです。
また冷たい空気が流れました。僕達の冷たい視線が彼女達に突き刺さります。部長が「あんたたち、やっぱダメだね。もう、下着取るしかないね。」部長はナイスバディーの彼女達に嫉妬したのか、ひどいことを言い始めました。
さらにこう付け加えました。「下着脱いだら、OKにしてあげる。恥ずかしくないでしょ。そんなにいいスタイルしてるんだから、みんなに披露してあげなさいよ。」と。
彼女達の一人が、「私は大丈夫です。」と答えました。もう一人も、「あ、わ、わたしも大丈夫です。」と答えました。部長は「じゃ、時間がないから早く脱ぎなさい。」とせかしました。
彼女のうち、最初に最初に答えた方がブラジャーを脱ぎました。みんなから「おー」と低い声があがりました。「すげー」とか、「すばらいいよ」とか歓声の声が沸いてきました。
彼女がブラをとって、パンツに手をかけていました。そのときはおっぱい丸見えでした。ちょうど乳首の周辺だけ白くなっていて、水着の跡でした。見た感じ小さい水着を着けていたんだなというのが丸分かりでした。
いじわるな部長が「あんた、水着小さすぎるのつけたんじゃない?」とみんなを笑いに誘いました。さらに「乳りん大きいね」と付け加えました。彼女は「あ、ごめんなさい」と苦笑いで言いました。
そして、彼女は「パンツもですか?」と部長に聞きました。部長は「当然でしょ」と答えました。彼女は「はい」と答え、パンツを一気に下ろしました。ふさふさのヘアーが丸見えになりました。
部長がまた「下のお手入れもしたほうがいいみたいね」と余計なことを言いました。彼女は「はい」と苦笑いで答え、手で股間を隠しました。部長が、「ほら、あなたは?」ともう一人の子を促しました。
もう一人の子は、ちょっと恥ずかしそうでしたが、「はい、すみません。」と答え、ブラのホックをはずしました。そしてブラを脱ぎました。おっぱいが見えました。彼女は左の乳首が陥没していました。
部長が「あなた、乳首陥没してるじゃない」と言いました。先輩はどんどん意地悪くなっています。彼女は「はい、すみません」と答え、みんなは大爆笑でした。
彼女は一呼吸おいて、黒いパンツを脱ぎ始めました。部長は「パンツも黒いのに、脱いでも黒いのね」といい、みんなを笑わせました。さらに「あなたもそこの処理した方がいいわ」と付け加えました。
その子は確かに剛毛でした。誰かが「毛多すぎ」と言いました。彼女は恥ずかしそうに手で股間を押さえました。二人とも同じポーズになりました。でもおっぱいは丸見えです。
部長が「じゃ、それでさっきのセクシーポーズしてみなさい」といいました。二人はせーので、最初のポーズをしました。素っ裸でのセクシーポーズはセクシーというか、もうエロすぎでした。さすがにみんな興奮していて、「さいこー」とか「ちょーきれい」とかおだてまくっていました。
5秒くらいそのポーズをしましたが、先輩が「まだそのままで」といい、しばらくそのままでした。誰かがケータイで写真をとり始めました。すると俺も俺もと、みんな携帯を彼女のたちのほうに向けました。
あっという間に彼女達のヌード撮影会になっていました。正面から撮った後は、何人かが横に回り後の写真も撮ろうとしていました。それをみた部長が、「ちょ、ちょっとまって」と言い、彼女達に、「じゃ、そのポーズを後ろ向きでやりなさい」と言いました。
彼女達はしぶしぶ従いました。大きなお尻を突き出して、前かがみのポーズをしました。みんな歓声を上げながら、大きなお尻の写真を撮っていました。誰かがまた、お尻の下に入り込んで、上向きに携帯を構えました。
おそらくオマンコが丸見えだったでしょう。ふと後を見ると、お皿を下げにきたお店のおにいさんが、一緒になって熱い視線を彼女達に送っていました。
部長が「はい、おわりー」と言い、つづけて、「じゃあ、最後に姿勢を正して」といいました。彼女達は恥ずかしそうに、片手で胸を、片手で股を隠して立ちました。
部長が「手は横」ときつく言ったので、彼女達は手を横に下ろしました。素っ裸の彼女達の姿をまたみんな写真を撮り始めました。部長が「礼」といったので、彼女達は礼をしてました。部長が「はいおわりー、拍手、拍手」とみんなにいい、みんな手が割れるほど拍手をしました。
彼女達はその場でそそくさと服を着始めました。 部長がまた信じられないことを言いました。「彼女達の一発芸は、ストリップでした。」
その後、この歓迎会のことが学校にばれて、部長は自主退学に相成りました。サークルはもちろん廃部。みんなバラバラになりました。でも彼女達の写真は卒業するまでみんなに見せ合いました。彼女達とは、それ以来会ったこともありません。
学校を辞めてしまったのか、ただ合えなかったのかはわかりません。友達に彼女達のヌード写真を見せて、「この子知ってる?」と聞いてみるのですが、「知らないなー、この学校なの?」といわれます。
もし本当に学校を辞めていたとしたら、気の毒すぎます。責任を感じちゃいます。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。