下着メーカーで働いていたとき

しゅうへい 43歳 男性
大学を卒業してすぐ、大手下着メーカーに就職しました。就職活動のときは特にやりたいことがなかったので、給料で適当に選んで受かったところに就職しました。
最初は物流の担当でしたが、次第に本社の中枢へと出世していきました。下着の素材の発注や、経理と営業との橋渡し的な仕事が中心を任されるようになりました。しかし、すごーくおいしい仕事もあるんです。


子会社に下着の開発を発注すると、一ヶ月に一度、サンプルを納品にきます。美人社長と営業担当の綺麗な娘の二人組みです。
うちで輸入した素材を、その子会社にまわすので、子会社の社長はほんとに必死です。なんせ、素材の仕入れ費用がかからないので、ローリスクで販売できるようになるからです。
その社長はかならず、サンプルの納品時には自分で着用しているのです。サンプルの説明会のときは、まずサンプルを何枚か机の上に置き、一枚ずつ説明していきます。一通りの説明が終わると、「この中でも特に私のお気に入りはこちらです。こちらはデザイン的に・・・、また動きやすくするために・・。」と、延々説明します。
さらに「今日、私はこの下着を実際つけているのですが、従来とはまったく違った素材が・・、そして、もうひとつのおすすめはこちらで、こちらは部下の○○さんに今日実際につけてもらっています。」
といつものお決まりのパターンです。自分たちでモニターしているようです。そして「バスとアップと、ヒップアップに非常に効果があり、良いプロポーションを保つ秘訣でいっぱいです。では、実際に付けているところをお見せします。失礼します。」と言って、その場で服を脱ぎ始めるのです。
いつもながら、大胆な社長と社員です。ふたりそろって、服を脱ぎ始めました。会議室には、女性はいつも6人くらいで、男性も3人くらいいます。
こういう仕事なので、人前で下着姿になるのはなれているのででしょう。すぐにシャツを脱ぎ、スカートを下ろしました。美人社長と、モデルのような社員の下着姿です。
そして、しばらくポーズをとった後、二人で後を向き、後姿を見せてくれます。綺麗なお尻の形がすばらしいです。うちの会社の女子社員は仕事としてみているのでしょうが、僕はエッチな視線でずっと見ていました。
美人社長の説明が一通り終わると、うちの女子社員からの質問が飛び交います。質問が終わると、女子社員の試着の時間が始まります。
彼女たちは興味がある下着を選び、試着室に向かいます。そして下着のまま出てくるのです。そして私たちの前で下着の感想を言うのです。さらにその姿を写真に収める必要があるのです。あとで、宣伝用として別の部署に送るためです。全身写真と、下着のアップです。
僕はカメラ係ではないのですが、データが保管してあるサーバにアクセスが出来るので、よく盗み見していました。大体体つきや、肌の色で、この下着姿は誰かわかるようになります。
さらに、彼女この一ヶ月でちょっと太ったとか、色が焼けたなとか、いろいろ変化も見て取れます。
ほんとにエロい光景です。若い女の子たちが目の前で下着姿で会話をしているのです。もちろんその会議室には入れるのは、必要のある人間だけなので、社員全員がこのおいしい現場を見れるわけではありません。
私の本心は、もっとエッチな下着を開発してほしいのですが、さすがに言えません。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。