同窓会ですでに結婚した昔の彼女とSEX

さわたり 26歳 男性
先日中学校のときの同窓会に行って来ました。約10年ぶりの再会でした。昔の友達や、当時付き合っていた娘との再会は、とても楽しいものになりました。
しかも、昔付き合っていた娘と再会SEXまでしてしまいました。彼女はすでに結婚していました。そのときの体験談をお話します。
同窓会は中学校の近くの居酒屋で開催されました。参加者は20人くらいでほぼ全員揃っていました。成人式のとき以来の同窓会なので、実に6年ぶりです。


僕にとっての目玉は、中学時代の彼女です。中三のときから一年間付き合って、彼女は卒業と同時に引越しをしてしまい、お互い泣く泣く別れてしまいました。
僕達はとても愛し合っていて、引越しの前に一緒に駆け落ちしようかと真剣に考えてたほどでした。彼女は成人式には顔を見せなかったのですが、この同窓会が開かれた時は、近所に帰ってきていたようでした。
彼女は当時から綺麗で、学校中の友達から人気がありました。その彼女と僕は付き合っていたのです。性格も良くて、頭も良かったので、みんなからうらやましがられました。
僕にとっても彼女にとっても、お互い初めての人でした。中学生なのにすでにSEXもしていました。当時の彼女の裸は今でも思い出すことが出来ます。スタイルも良くて、本当に綺麗な人でした。
その彼女と同窓会で出会いました。彼女はさらにきれいになっていて、大人の色気がぷんぷんしていました。セクシーな服を着ていて、しぐさもとてもセクシーでした。
僕は声をかけるのが恥ずかしくて出来ませんでした。遠くから見つめているだけでも満足でした。その時ちょうど彼女が僕の方を見、目が合ってしまいました。僕達はお互い意識しているようでした。
僕達が付き合っていたことは、クラス中の人が知っていたので、おせっかいな友達が、僕と彼女を話させようと彼女に話し掛けました。そして僕の隣に来て、彼女に「お前が話したがってる、と伝えてやったよ」と告げました。僕はそんなこと一言も言ってないのに・・・。
友達は僕の腕をつかみ、彼女の前に連れ出しました。彼女の隣には数人の人がいましたが、友達が、「久しぶりのご対面だから、みんな邪魔しないであげて」と、僕達を二人きりにしてくれました。
僕は友達に急かされて、彼女の隣に腰をおろしました。少し緊張した声で「久しぶり」と声をかけると「ひさしぶり・・」と恥ずかしそうに声をかけてくれました。
僕は何を話していいのかわからなかったのですが、彼女の薬指に指輪がついていたのを見て、「あ、結婚したんだ」と言うと、「うん、去年結婚したの」と彼女。少しショックでした。
それからまた無言でした。何を話せばいいのかわかりません。ただ時間だけが過ぎていきます。何か話さないとと考えると考えるほど、パニックになり、僕の頭はショートしそうになりました。
僕は彼女の前でこんなにドキドキしているのはどうしてだろうと考えると、やはり僕はまだ彼女を愛しているようでした。僕は彼女の方を見ました。彼女も決して退屈そうにしていなくて、一緒にいるだけで心が通じ合っているような安心した顔をしていました。
僕は思い切って彼女に、「他のお店に行こうか?ココじゃなんか話しにくいし」と聞くと、彼女は「はい」と答えました。僕達はこっそり同窓会から抜け出しました。
僕は彼女を車に乗せ、お気に入りのバーに向かいました。車の中でもほとんど会話がありませんでした。バーに着いて、奥のほうの席に座りカクテルを飲み始めました。
そこでもあまり会話らしい会話はなかったのですが、二人でいるだけで、妙に安心感があり、落ち着いて飲めました。僕たちは10年のときを飛び越えて、昔の二人に戻った気分でした。
しばらくして、「他の店に行こうか?」と彼女を連れ出しました。車の中で僕は、「俺、まだお前のことが好きなんだ、今日は一緒にいてくれ」というと、「・・・・、私もあなたの事いまでも忘れられないわ。・・・、でも・・・、でも私にはもう主人がいるから・・・」
「わかってるよ。でも、今日だけは、昔の二人に戻ろう。そして、過去を断ち切ったほうがお互いのためになるから」「・・・そうね。わかった」と彼女が承諾してくれたので、私はラブホテルに車を走らせました。
ホテルの部屋に着きました。僕達は部屋に入るなり抱き合いました。もうお互い我慢できないほど燃えていました。彼女と抱き合って、激しいキスを交わしました。10年ぶりのキスはとても懐かしく、身体の感触も昔と同じでした。
僕は彼女の服を脱がせました。彼女の体は昔よりはすこし、若さを失っていましたが、相変わらずいいスタイルでした。僕は彼女の体を眺めながら、「綺麗だよ。相変わらず・・。」とつぶやきました。
彼女を全裸にしました。おっぱいは昔よりも少し大きくなったようでしたが、乳首の色は少し黒ずんでいました。ヘアーも昔よりは増えていてました。
僕は彼女をベットに寝かせました。彼女は僕の服を脱がせ始めました。ジーパンを脱がされて、ちんちんを握られました。彼女は僕のちんちんを手でしごきながら、ご主人の名前を呼んで、「ごめんなさい。今日で昔のことは断ち切るから・・・、ごめんね」と呟きました。
僕は彼女の口を塞ぐようにキスをして、「いままでありがとう、僕達は今夜で最後の夜だから、禁断の夜は燃え尽きて、後悔しないようにしよう」と囁きました。
彼女は「はい」と頷き、僕の肩に手を回しました。僕は彼女の足を開き、おまんこを見ました。昔と同じ形でした。僕が生まれて始めてみたおまんこでした。僕はたまらなくなり、すぐに舐めはじめました。
彼女は、僕のちんちんを舐めながら「あん、あーん」と喘ぎ声を上げています。僕は彼女の大陰唇から小陰唇まで綺麗に舐め上げました。彼女がとても気持ちよさそうなので、柔らかいお尻を開いて、アナルまできれいに舐めてあげました。
彼女は興奮の絶頂で、「あん、いれて、おねがい、いれて」とおねだりしてきたので、僕は生で挿入しました。僕は腰を激しく動かしました。懐かしい感じでした。懐かしい彼女の体、懐かしい彼女の声、そして、もう今夜が最後だと思うと、腰を振りながら涙が出てきました。
僕は何もかもどうなってもいいや、と思い、一生懸命腰を振りました。その時は発射寸前でした。僕は腰を振るのを止められずに、とうとう中で発射してしまいました。
僕はちんちんを抜き、彼女の横に寝転びました。そして、「ごめん。」とだけ言いました。彼女は、「ううん。だいじょうぶ。ありがとう」と平気そうでした。
翌朝、僕らは抱き合ったまま目を覚ましました。朝食をとり、彼女の家まで車で送っていきました。旦那さんは家で一人で待っているらしいですが。
彼女のマンションの前で車をとめて、僕らはもう一度抱き合いました。涙が止まりませんでした。
「また、お別れだね。今度こそ、最後のお別れだよ。」「うん。いままで、あなたのことが忘れられなかった。もう一度だけ合いたかった。でも、もう大丈夫。ありがとう。」「こっちこそ。さようなら、元気で」「うん」
ともう一度キスをしました。彼女は車から降りられないようでした。「車を降りたら、もう逢えないんだよね・・・、ごめんね、最後までこんなこと言って」僕は何もいえませんでした。「わたし、車から降りたら、振り向かないから、その間に車走らせて・・・。悲しすぎて、車を見送れない・・・。」
といって、彼女は車から降りました。後ろを向いたまま、ドアを閉めました。僕も、彼女の姿を見ていると、このまま離れられないので、アクセルを踏みました。
あっという間に、彼女の姿が小さくなり、涙でバックミラーがよく見えなくなりました。僕はそのまま海へ向かって、一人で泣きました。涙が止まらないのです。
その後、友達から彼女が子供を産んだと聞きました。僕はお祝いも出しませんでした。でも、もしかしたら自分の子かもしれないと思い、心の中で複雑な心境でした。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww
2 comments on “同窓会ですでに結婚した昔の彼女とSEX
  1. わー
    私もSEXされてみたい(´∀`)
    犯されるって、なんかかっこいいー

  2. 私は中学生で、彼氏がいます。でも、いちどもSEXをやっていません!こんどSEXをしたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。