児童養護施設にいた時、みんな一緒にお風呂に入っていました①

はた 42歳 男性
 私は12歳の時から家庭の事情で施設に預けれれていました。ご存知の通り、児童養護施設は、事情により、家族による養育が困難な子どもたちが生活をする場です。
私の場合は、ボランティアのおじいさんとおばあさんの家に預けれらレました。そこには私と同じような境遇の子供達が、常時8人いました。二人は我が子のように私達をかわいがってくれました。
私が始めてその家を訪れた日のことです。みんな温かく迎えてくれ、閉ざしていた私の心を癒そうとみんなでパーティーを開いてくれました。みんなの暖かい気持ちがとてもうれしかったのですが、素直になれない自分がいました。


みんな一生懸命私に質問してきましたが、私は下をむいたまま何も話せませんでした。心の中では、自分は親に見捨てられた悔しさでいっぱいでした。
そこにはおじいさんとおばあさん、お姉さんが一人いて、あとは小学校低学年の男女が6人いました。
「じゃあ、そろそろみんなお片づけしようね」とおばあさんが言うと、「はーい」とみんなで、お皿を下げて洗いを始めました。私はお皿洗いなどやったことがなかったので、椅子に座ったまま動けませんでした。
するとお姉さんが、「一緒にお皿洗おうよ」とやさしく声をかけてくれました。私は頷き、お姉さんに着いて行きました。流し台でお皿の洗い方を教えてもらいました。
高校生くらいのとても綺麗なお姉さんで、とてもやさしくしてくれてました。「こうやって、お皿の周りから洗うの、わかる?」「うん。こうでいいの?」と初めて声を出しました。私はだんだんお姉さんに打ち解けてきました。
お皿を洗い終わるとみんなTVを見てくつろいでいました。僕もみんなと一緒にテレビを見ていました。しばらくするとおばあさんが、「みんな、お風呂沸いたから入りなさーい」と呼びかけました。
みんな「はーい」といいながら、お風呂に向かいました。お姉さんが、私に向かって、「お風呂に入りましょ」と手を差し伸べてくれました。私はお姉さんの手を取り、立ち上がり、カバンの中から着替えを取り出し、お風呂に向かいました。
お風呂は離れにありました。離れに着くと、年下の男女が裸になってお風呂に入ろうとしていました。お姉さんは「ココで服を脱いだら、このかごに入れるのよ。」と教えてくれました。
私は恥ずかしかったけど服を脱ぎ始めました。すると横でお姉さんも服を脱ぎ始めました。「え?」、と思いましたけど、見ないようにしていました。
私は脱いだ服を籠に入れると、どうしようか戸惑ってしまいました。するとお姉さんが隣に立ち、「いこ?」と手をつないでくれました。お姉さんを見ると、素っ裸でした。おっぱいが膨らんでいました。
私は見ないようにしましたが、お姉さんの後ろを歩くと大きなお尻がどうしても見えてしまいました。目の前で白くて大きなお尻を揺らしながら歩いてお風呂の浴槽に向かいました。
年下の男の子達はお風呂におもちゃを浮かべて遊んでいました。お姉さんは私にかけ湯をして、自分にもお湯をかけると浴槽に浸かりました。私も浴槽に浸かりました。
私はとても興奮していました。でも当時はどうしていいのかわかりませんでした。
しばらくするとお姉さんは浴槽から出て、洗面台の前に座りました。僕はできるだけ見ないようにしましたが、誘惑に勝てずにちらちら見てしまいました。
お姉さんは髪の毛を洗っていました。胸が膨らんでいて、微妙に揺れているのがよくわかりました。そのときみんながお風呂から出たので僕もつられて出ました。
特に時間とかはなかったと思うのですが、お姉さんと二人になるのが気まずかったからです。
お風呂から出るとみんな寝室に向かいました。私はおばあさんに連れられて寝室に向かいました。おばあさんは「ココに布団を自分で敷くの」と教えてくれました。
私は見よう見真似で布団を敷きました。お姉さんもお風呂から上がってきて私の隣に布団を強いて、横になりました。22時には消灯したと思います。
翌朝7時に起床でした。みんな学校に向かいましたが、私は手続きが終わっていなかったので家で待機でした。テレビを見たり本を読んだりして、時間をつぶしました。
お昼過ぎに何人かが帰ってきたので、うれしくなって話し掛けた記憶があります。それからはみんな仲良くなりました。その夜もみんなで一緒にお風呂に入りました。
私はお姉さんを本当のお姉さんのように思い始めました。勉強を教えてもらったり、一緒に遊んでくれたりするので、大好きでした。毎日のように一緒にお風呂に入ってくれるので、お風呂に入るのがとても楽しみになっていました。
でもたまに、お姉さんはお風呂に入らない日がありました。後で生理だったんだと気付きました。
私が入居してから数ヵ月後入れ替わりで同い年の女の子が入ってきました。彼女も最初は心を閉ざしていました。みんなと一緒のお風呂が嫌らしく、最初は入りませんでした。でもお姉さんが何とか説得して、3日目くらいにお風呂に来ました。
私達は先にお風呂に使っていました。脱衣室でお姉さんと二人で服を脱いでいました。私達は全裸で彼女を迎えました。彼女は胸と下を隠したまま入ってきました。彼女の体は青あざばかりで目を背けたくなるような身体でした。
お姉さんは彼女の体をやさしく洗ってあげていました。僕はいけないと思いながらもその光景を見つからないように、エッチな目でちらちら見ていました。
でも、数ヵ月後には彼女の体の傷は綺麗になっていて、みんなで一緒にお風呂に入るのも恥ずかしくなくなっていました。彼女はお姉さんほどではありませんが、少しだけ胸が膨らんでいる状態で、またには毛がまったく生えていませんでした。
僕達はどちらが先に毛が生えるかを競っていました。
そんな状況fが2年近く続きました。2年間も毎日一緒にお風呂に入っているとお姉さんと同級生の彼女の身体の変化にいろいろ気付きました。胸はどんどん膨らんでいくし、股の毛もどんどん増えてきました。もちろん私の股にも毛が生えてきました。
私は始めて毛がはえた時はうれしくてお姉さんに見てもらいました。年下の子にも自慢したような気がします。
私達はまさに裸の付き合いだったので、何も恥ずかしくありませんでした。お姉さんも私のおちんちんをの毛をみて、「おめでとう、大人になったね」と言ってくれました。
②に続く

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。