家族旅行で娘と一緒に混浴

そういち 51歳 男性
数年前の正月に海外留学している娘二人が久しぶりに実家に帰ってきました。二人とも女子大生でおとなしく、美人に育ってくれて私は鼻が高いです。
数年ぶりに見る娘は、二人ともとても綺麗になっていました。親だからではなく、客観的に見てもモデル並です。
実際二人とも、客室乗務員(いわゆるスチュワーデス)を目指しているようです。


英語も話せるようになったかどうか、すこし英会話のテストをしてやりましたが、いつのまにか流暢に話せるようになっていました。
そんな娘たちが、正月明けに一泊の温泉旅行に連れて行ってくれました。妻は妻の実家に帰省しているので、3人で行くことになりました。
わたしは娘の気遣いに涙が出そうになりましたが、顔には出さず、今思えば素直になれない自分がとても腹立たしく思いました。
それはさておき、娘が連れて行ってくれた温泉は、なんと混浴露天風呂で有名な温泉宿でした。
うわさには聞いていましたが、まさか自分でこんなところに来るなんて思いもよりませんでした。
温泉に着くと、娘たちはどうしても私と一緒にお風呂に入りたかったようで、
「タオルで隠すから。いいでしょ?ねえ、パパ、お願い、お願いします。」
「隠すとか、隠さないの問題じゃなくて、嫁入り前に男と一緒にお風呂に入るってのが問題なんよ」
「ブー、 けち」
そういう会話をしたと思います。
私はかたくなに拒否しました。そして一人で混浴へ向かいました。
こういうところに一人ではいるには少し勇気が要りましたが、旅の恥は書き捨てなので、思い切って目の保養をして帰ろうと思いました。
ロビーでは若い女性がたくさんいたので、いいものも見れそうな気がしていました。
予想通り、混浴からは若い女性の声が聞こえてきて、内心わくわくどきどきしてきました。
混浴には裸の若い男女が数人と、同い年くらいの中年夫婦らがいて、にぎわっていました。
できるだけ他の人を見ないように一人の世界に入っていましたが、どうしても若い女性の裸が気になって仕方がありません。
股間も膨らみ始めています。最近の若い子は恥ずかしくないのか、下の毛すら隠さず、普通に混浴に浸っています。
しばらくするともっと近くで見たくなり、思い切って、若い女の子だけの3人のグループに話しかけてみました。
すると笑顔で答えてくれました。
「どこから来たの?」
「えーー、静岡です。」
「へー、お茶で有名なところだよね。いいところだよ。私も何度かいったことがあるけどね」
適当に会話をしながら若い女性の裸を見ていました。
女性もいろんな会話をしてくれて、わりと打ち解けて話せるようになりました。
しばらくして
「ねえ、ひとつ聞いてもいいかな?」
「はい」
「はずかしくとかないのかな?」
と女性の裸を見ながら聞いてみました。すると
「いえ、べつに」
「恥ずかしくないんだ?}
「はい。なんとも思いません。」
これにはびっくりしました。男性の前で裸になることが恥ずかしくないって、世紀末な世の中になりました。
いままでは男として話していましたが、なぜか同じ年頃の娘を持つ父親としての怒りの感情が芽生えてきてしまい、すこしずつ口調が説教くさくなってきました。
「そんな姿、お父さんが見たらなくぞ。私も娘が二人いて、一緒に入りたいといったけど、絶対許さなかったよ。・・・・
彼女たちの目はだんだんウルウルしてきて、泣き出しそうになってきました。私は話を途中でやめ、「ごめんね、いらん事いっぱいしゃべって。」というと「いえ、ありがとうございます。実は私たち、父親がいなくて、そうやって叱ってもらったことがないんです。・・・」
みたいな展開になりました。とうとう若い子達は、全裸で私の前で泣き出してしまいました。周囲の注目を浴びる私たち。本当に気まずい思いでした。
それから彼女たちはどうしても私と一緒にお酒を飲みたいと言うので、娘たちの待つ部屋に一緒に行きました。娘たちと一緒に6人でご飯を食べました。
娘たちも打ち解け、夜が明けるまで娘たちは話していたそうです。
それから娘たちと彼女たちはとても仲良くなり、彼女たちは3人でアメリカの娘のところまで遊びにいったりしていたようです。
そんな彼女たちは、私のことをパパと呼んでくれてとてもうれしく思っています。今年の正月には私たちの家に遊びに来てくれました。偶然の出会いでしたが、とても実りのある出会い、一期一会とはこのことですね。
あまりエッチではなくてすみません。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。