終電で熟睡していたOL・・・

いけなが 44歳 男性
私は毎日通勤が1時間くらいかかります。電車の乗り換えもなく、駅が始発終点なので、行きは座っていけるし、帰りも寝ていても終点なので乗り過ごしもありません。
先日ちょっとしたいいことがありました。仕事で接待を終え、くたくたになっていました。接待の相手は取引先の部長でしたが、まだ30代程度の綺麗な女性の方でした。
でも綺麗な顔からは想像できないくらい厳しい人で、明らかに年上の私にも遠慮なく突っ込みを入れてきて、私は相当ストレスがたまってしまいました。
 


心の中では「この女いつか犯してやるからなー」とか念じていました。その部長がトイレに立った後、相手の会社の部長の部下の若い男と話す機会がありました。
「部長、綺麗でいいね。毎日楽しいでしょ」「あ、はい。みんなにうやらましがられます。」「だろうね」
「でも、やっぱ、結構きびしいっすよ」「そう?」「はい、うるさいですよ」「そうか」
「なんか、逆セクハラとかないの?」「いえ、全然ありませんよ」「きみ、もてそうだから、部長に迫られたりしてない?」
「いや、迫られたいッスけど、全然ないっすねー」「そうか」「でも、部長、ああ見えて結構ガードが甘いんんすよ」
「ふーん」「この前も、ノーブラで会社来てて、おっぱいが透け透けだったりしてましたからねー」
「えー、見たのそれ」「はい、みんな陰から見てましたよ。」「どうだった」「綺麗な乳首の色をしてました。みんなトイレでオナニーしてましたからね」
「いいなー」「でも、先輩なんかひどいッスよ。わざと部長にぶつかって、モロおっぱいつかんでましたし・・・」
「へー、怒られないの」「全然、部長もごめんねって、謝ってましたし」と話している間に部長が戻ってきました。
部長は戻ってくるなり、また仕事の話を始め、厳しい条件を突きつけられ、私はほんとにストレスがたまっていました。
接待が終わると終電まで時間があったので行きつけにバーに行き、一人でぶつぶつ文句をいいながら酒を飲みました。
マスターに「あのやろう、いつか絶対犯してやる。ちょっと綺麗だからっていい気になりやがって」とか散々愚痴りました。
少し気が晴れたので、帰ることにしました。何とか終電間際の電車に乗ることが出来ました。最初は座るところもないくらいいっぱいでした。
電車がすすむにつれ、乗客が降りていき、次第に空いてきました。とある駅につくと周りの乗客が一気に降りたので、私は空いた椅子に座りました。
ふと前を見ると、ちょっとお酒が入っている感じの20代のOLがうたた寝をしていました。
しかも大胆に大またを開いて白いパンツが丸見えでした。他の乗客もいたので、メをそらしましたが、チラチラと横目でパンツを眺めていました。
次の駅に着くと、ほとんどの乗客が降りて、この車両には私とそのOLだけになりました。
隣の車両には2,3人いましたが、眠っているようでした。私はチャンスだと思い、OLの股を見ました。
思いっきりパンツを鑑賞できました。目的につくまでノンストップであと20分くらい時間がありました。
私は酒の勢いと先ほどのストレスで、心がエロモードになっていました。そーっと彼女の横に座りました。
横に座ると、すごいお酒のにおいと香水の匂いが混ざってとんでもない異臭を放っていました。
そして恥ずかしげもなく口を大きく開けて眠っていました。泥酔、熟睡しているようでまったく起きる気配がありません。
私はそのOLの胸をそっと触ってみました。柔らかな感触が伝わってきました。若くて弾力がある胸が気持ちよくて、勃起してきました。
もともと痴漢願望があった私は、「もうついでだ、どうにでもなれ」と思いついに行動に移りました。彼女のスカートをめくり上げました。
白いパンツが丸出しになりました。パンツを脱がせるのは難しそうだったので、パンツの端を持ち上げ、持っていたはさみえちょきっと切ってみました。
横が細かったのですぐに切れパンツがはずれて毛が丸見えになりました。反対の端も切ると前面が丸見えになりました。
わたしはゆっくりと股の間のものを見ようとパンツの切れた間の部分をめくりました。
もともと大また開きの状態だったので黒いマンコがすぐにお目見えしました。顔に似合わず結構遊んでるなって思いました。
私は本能的に顔を近づけると、おまんこを味わいました。すぐにびしょびしょに濡れてきました。
上のほうのクリも下で丁寧に舐めてあげました。寝ていても気持ちいいのがわかるのか、太ももで私の頭を締め付けてきました。
やわらかいふともものお肉がとても気持ちよかったです。次に、そのOLのおっぱいを見ようと、シャツを脱がせました。
ボタンだったのですぐにはずれました。白と青のブラがでてきました。そのままブラを持ち上げ、おっぱい露出させました。
わりと綺麗なおっぱいでした。少し小さかったけど、乳首は思ったよりピンク色で、乳輪もちょうど良いサイズでした
電車の中でほぼ全裸にさせられて寝ているこの若い子を見ながら、挿入しようかどうか迷いました。
ちょうどそのとき、電車が終点に着いてしまいました。電車のスピードが遅くなりました。僕は慌ててケータイで写真をとり、その場から離れました。
そして、別の車両に移って、電車が止まると同時に電車から飛び降りて、慌てて改札を走って逃げ帰りました。
家に帰ってからあの子がどんな辱目を受けたか考えるととても興奮します。何人かの車掌におっぱいもおまんこも丸出しのまま起こされて、しかも泥酔状態で、パンツも切られてノーパンのままです。
結構可愛らしい女の子だったので、一生コンプレックスになったことでしょう。僕はその写真を見ながら想像してオナニーしています。
この件で部長からのストレスは解消できました。見ず知らずの若い女の子が私を救ってくれたのです。感謝。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。