部室で憧れ同級生の女子が裸に

しゅう 26歳 男性
僕が中学校3年生の時の思い出です。夏休みが終わって新学期が始まった日に、うちのクラスに遠くの学校から転校生がやってきました。
女子でしたので男子はとても期待に胸を膨らませていました。先生と一緒に連れられてきた女子は、とても美人でした。
ちょっとのことでは驚かないクラスでしたが、「おおお」という男子の声が聞こえてきました。
 
 


そして先生が自己紹介を進めると、「Sといいます。大阪から来ました。よろしくおねがいしますす」と関西便のイントネーションでした。
続けて、「前のがっこではSって呼ばれてましたんで、Sっって呼んでください。仲良くしてねー」と元気に挨拶をしました。
普通、転校初日でココまでしゃべれないだろと思いましたが、さすが関西人は違ってよくしゃべる子だななって思いました。
クラスの男子が「彼氏は?」と聞くと、「いたけど、別れました。今募集中です」と笑顔で答えてくれました。「おおー」とクラス中が萌えました。
さらに彼女は「理想のタイプは背が高くてかっこよくて、うーんでも、面白い人がいいなぁ」と聞かれてもないのに話しました。
あっというまにクラス中になじんでいたようでした。
それからホームルームが終わるとすぐに彼女の席の周りにはたくさんの男子が集まってきました。さらに他のクラスからも見学に来る奴がいて、遠くのほうから、「2組の転校生、めちゃ可愛い」という声が、彼女の耳に入るくらいまで大きな声で言ってる奴もいました。
もちろん僕は一目ぼれ状態でした。何とか彼女と会話したいと思っても、イケメン男が彼女に積極的に話しかけているのを見ると、勝てる気がしないので、彼女に話し掛けるチャンスさえありませんでした。
ただ遠くから、かわいいなーとため息をつきながら見つめるだけでした。
その後の学校生活では、常に男子と一緒にいて、女子の友だちよりも男子の友達のほうが多いみたいに見えました。
彼女は可愛くて元気がよくて人気がないはずがありません。彼女も彼女で、女友達より男友達といるほうが楽しそうに見えました。
たまに、「うちのクラスの女子って暗へんか?」なんていってる声も聞こえてきました。
女子だけの体育とか家庭科の時間では、どう見ても友達のランクの違う、下のあまり可愛くない子のグループの女子と一緒でした。
彼女なら、可愛い子ばかりのグループにいたほうが自然なのに、彼女の女友達はお笑い好きなオタクっぽい女子と一緒でした。
トップグループの女子からは嫌われているのかなというのがなんとなく伝わってきました。
それからしばらくして、中間テストの試験期間中になりました。僕は卓球部で同学年では男子は僕だけで、下の学年は4人の男子の幽霊部員がいました。
一方女子は不良グループの部員しかいなかったので、練習は男女合同でいつもいじめられ役でした。
引退してからも暇な時は部活に顔を出して、女子の後輩の指導をしていました。その日も、次の日のテストが簡単なものだったので部活に顔を出しました。
すると運悪く同級生の女子の不良グループの部員も来ていました。彼女たちは部室の中に入ったっきり出てきませんでした。
僕は安心して後輩達を指導をしていました。しばらくすると後輩の一人が、「先輩、○○さんが部室にすぐ来るようにって呼んでます」と告げられました。
僕は「女子の部室?」と聞き返すと「はい」と彼女。僕はしぶしぶ女子の部室に行き、一応ノックして中に入りました。
中には「不良グループの女子が4人いました。何か話していたらしくてとても嫌な雰囲気でした。
「あいつ、マジでむかつくなー」とか「やっちゃおうぜ」とか、なにやら物騒な話をしているようでした。
そして僕が入っていくなり。「おまえさー、Sのこと好きなんだろ?」と唐突に言われました。
美人の転校生のことです。僕は「あ、いや」とドモりながら言うと、「顔があかくなってんぞ」とからかわれました。
この女子達は怒らすと本当に怖いので、何も言わずにただ解放してくれるのを待ちました。
「いまからS呼んでくるから、おまえ告って見ろよ」と言いながらタバコに火をつけました。僕は「えーー」というと、「じゃ、呼んで来いよ」と後輩に指図しました。
後輩は「はい」といってすぐに部室から出て行きました。すると女子達は、「あいつのどこがいいの?」とか「ドキドキするなー」とか勝手に盛り上がり始めていました。
しばらくすると後輩に連れられてSが入ってきました。入ってくるなり「うわ、タバコくさー、始めてきたココ」と元気いっぱいでした。
僕はSが近くにいて、少し緊張してきました。すると不良の一人が「こいつがお前にいいたいことがあるらしいぜ」といい、ぼくに「ほら」と促しました。
Sは「なに?」と僕のほうを向きました。僕は黙ったまま下を向いていました。何も言葉にならないし、どういったらいいのかわかりませんでした。
「早く言えよ」と誰かが急かしてきましたが、ぼくは告白する気もないし、そんな勇気もありませんでした。
しばらくきまづい雰囲気の時間が流れました。誰かが僕にタバコを投げつけて、「はやく告れよ」と怒鳴りました。
その行為がSの目にとまったようです。「ちょっとやめてあげてよ。可愛そうでしょ。」もともと正義感が強く、いじめられている僕を助けてくれようとしているみたいでした。
すると「なんだとてめー」と不良のリーダー格の女子が立ち上がりました。一気に緊張感が走りました。
Sも負けずと、「なんなのよ、大体なんでこんなタバコ臭いところに閉じ込められなきゃいけないのよ。もう帰る」といって外に出ようとしました。
「こいつがお前に告りたいって言うから、セッティングしてやってんだよ」とリーダーの女子。「そんなん、どーせあんた達が仕組んだんやろ」とS。
Sは正義感が強く、気の強いところが合ったので、この不良の女子達とはそりが合わなかったようでした。
「こんなアホに付き合ってられんわー」とSが言い、外に出ようとした時についにバチーンと言う大きな音が聞こえました。
Sが少しよろけました。すると今度は後から、誰かがカバンでSの頭を殴打しました。Sは前によろけて倒れ、「いたーい」といいながらうずくまりました。
それを不良グループの女子達は見て、笑いながらさらに殴打を繰り返しました。目の前でSがぼこぼこにされているのを見て、すごくかわいそうに思いました。でも僕にはどうすることも出来ませんでした。
うずくまったままのSはただじっと耐えているようでした。すると今度は後から誰かが、短いスカートをめくりました。一瞬白いパンツが見えましたが、すぐにSは隠しました。
リーダー格の女子が、「脱がしちゃおうぜ」というと、他の女子が彼女のスカートをめくったりして服を脱がし始めました。
Sは「やめて」と大きな声を出して、必死に抵抗しました。さらに「止めてっていってるやろ」といってリーダーの女子を思いっきりビンタしました。
パチーんという大きな音が響き渡りました。その女子はほおを手で抑え「もう許せんわ」と呟いた後、「両手を押さえてくれ」といってSの身体を感じがらめにさせました。
そしてまたSの顔にびんたをして、Sのシャツをボタン後と引きちぎりました。Sは下にシャツを着ていなかったので、ブラジャーが丸出しになりました。
そしてブラジャーを脱がされ、Sの小さな乳房が露出させられてしまいました。Sは腕を押さえられていたので、隠すことも出来ずに下を向いて泣きそうな声で「やめてー」と叫んでいました。
さらにその格好のままもう一度、顔にびんたをされました。僕はあまりにもSがかわいそうだったので、Sが上半身裸にされたのを見て、ずっと下を向いてしまいました。
すると今度はSの足元からスカートとパンツを脱がされているのが見えましたが、Sの体を見るのがかわいそう過ぎるので、できるだけ見ないようにしてあげようとずっと下を向いていました。
リーダーの女子が僕に気付いて、「もっと見ろよ、憧れのSの裸だぞ」といって僕の顎を持ち上げ、無理やりSの裸を見せようとしました。僕はかわいそうだったけど、Sの方をちらりと見ると、全裸で腕を後ろで捕まれて、うなだれているSが目に飛び込んできました。
真っ白い肌で胸が少し膨らんでいて、股に少しだけ毛が生えていました。ウエストがくびれていてスタイルがとても綺麗でした。
もちろん同級生の裸を見るのは生まれて初めてです。僕はチラッと見るとすぐに目を閉じてしまいました。
リーダーの女子は、Sに近づいて、Sの顎を持って、「ほら、恥ずかしいだろ」Sに言うと、Sはブッとリーダーの女子の顔に唾を吐きかけたようでした。
「てめー」と大きな声を出して、ライターの火をつける音が聞こえました。「足をしっかり押さえとけ」といって、火を近づけているようでした。
「やめてー」とSがもだえ始めました。女子達は面白がってみているようでした。Sが「もうなんでもするから・・・止めて・・・お願い」というと、「よし」じゃあ、そこに座れ」と言う声が聞こえました。
「さっきうちに唾かけたやろ」というと「すみません」と素直に謝るS。でも女子はコーラを口に含みSにはきかけました。
そして次は、コーラをそのままSの髪の毛全体にかけました。シュワシュワという音が悲しく響き渡りました。
それからガムを髪の毛に引っ付けられたり、全員にジュースをかけられたりしてとうとうSは泣き出してしまいました。
そのとき突然部室のドアが開きました。みんな一斉に入り口を見ると、担任の先生が立っていてどかどかと入ってきました。
そして裸のSを見て、「おまえらなにやってんだ」と大きな声で怒鳴りました。Sは裸のまま前にうずくまって必死に身体を隠しています。
先生は不良の女子達の髪の毛をつかんで、部室から引っ張り出していきました。「いててよーやめろよ」という声とともに部室にはSと僕の二人きりになりました。
僕は呆然と立ち尽くしたままSを見ていました。Sは僕に背を向けて立ち上がりました、当然全裸なのでお尻が丸見えでした。でも僕はテレビでも見ているようにボーっと見ていました。
Sは僕を気にせずに泣きながらパンツを穿きました。パンツに足を通す時に前かがみになったときの、おっぱいのふくらみが印象的でした。
ゆっくりパンツを穿くと、ブラをつけて、シャツを着て、スカートを履きました。そしてカバンの中からハンカチと鏡を出して、髪の毛についたガムとかジュースを拭き取っていました。
僕はそのとき我に帰って、Sを一人にしてあげようと思って部室から出ました。職員室に寄った方がいいのか迷いましたが、やはり逃げるように家に帰りました。
帰宅の途中はさっきの出来事がまだ頭の中で駆け巡っていました。最初はかわいそうだという思いが強かったのですが、時間がたつといい思い出が出来たと思うようになりました。
次の日、普通どおりSも不良グループも学校にきていました。昨日のことはなかったようにお互い過ごしていました。
その後、彼女たちの間に何かあったのかどうかわかりませんが、Sは喧嘩の強い男子を彼氏にして、新学校にすすんだようです。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww
5 comments on “部室で憧れ同級生の女子が裸に
  1. 僕が小学六年の時のことです。僕は、いつも決まった日に、水泳教室に行きます。      いつも、練習が、終わったらお風呂に向かいます。それから、更衣室に行き着替えます。それから帰宅します。                                     ある日のことです。いつもと同様に、風呂に入りました。すると、僕が入った後に、おっぱいを膨らましたかわいい女の子が、入ってきました。僕は、たまらず彼女が座った後ろに行きました。そして、誰も見てないことを確認し、そーと手を伸ばし、彼女の水着の上から、おっぱいを触りましたすると、彼女が、ピクンと、動きました。そして、彼女の脇の体と水着の間の穴から僕の手を入れて、両手でおっぱいを揉みました。すると、「あんっ」とHな言い方をしました。そして、僕も、気持ちよかったので、もっと揉んでやりました。すると「あんっ!」と気持ちよさそうに言いました。そこで、お風呂から上がらないといけない時間になりました。そして、「入り口前に来て」と言うと、「いいよ」と言いながら、更衣室に行きました。それから数分後僕は、入り口に行き三分ぐらいすると、先ほどの彼女がきました。

  2. 前の続きです。それから、彼女が「今から、あたしの家に来ない?」と言っいました。僕は、すぐに行くと言いました。彼女とすぐに一緒に行きました。向かっている途中に、彼女が「そういえば、自己紹介まだだったね、あたしの名前は、吉田 風香」僕も、すぐに自己紹介しました。それから、たぶん4、5分たってから風香の家につきました。家にはいると、きれいな家でした。今は、風香の親は、出かけてました。僕は、心の中でガッツポーズをしました。風香の部屋に入ると、女の子らしい部屋でした。僕たちは、一緒にテレビを見ました。それから、一時間ぐらいしてから、疲れたので、ベットに座りました。そして、僕たちは、少し見つめ合いそして、キスをしました。さらに、キスをしながら、胸を揉みました。風香は、「あっ・・・あん」っと声を出していました。風香は、相当エロかったらしく、とても感じてました。それから、次に長いディープキスをしてました。(たぶん10分ぐらい)そして、ついに僕は、風香の服のボタンをはずしていきました。そしてついに女の子の生のおっばいを見ました。そして揉んでやると、風香は、「あんっ・・あっ・・はぁはぁはぁ」とさっきよりも気持ち良さそうでした。

  3. 前の続きです。そして、風香のおっぱいを吸ってやると、「あん•••あっ••八ァハァ」と言って気持ち良さそうでした。さらに、右手で、おっぱいを揉みながら、左手で、風香の下着の中へと滑こ込ませて行きました。すると、風香は、とても気持ち良かったのか、とても濡れてました。そして、僕は、左手で、風香のまんこに指を入れました。そして、僕は、風香をもっと気持ち良くさせようと、させました。すると、風香が、口を開けて力が技けたかのようになっていました。それから4~5秒ぐらいたってから風香が「八ァハァ•••」と言っていました。僕は、すぐに、風香が、イッたことがわかりました。そして、風香の下着を脱がせました。そして、風香のまんこをなめてやると「あんっ・・・あっ・・ハァハァ・・・」と今まで以上に感じている顔を見てやると、少し顔を赤らめていました。そして、僕も、裸になり、風香とついに、1つになるときが来ました。まず、風香のまんこを広げて、ちんこを入ようとしました。そして、入れると、「あー・・・あっ・・」と、とても痛そうでしたので、僕が「痛かったら言って」とやしく言ってやると風香は、うなずきました。(それから、l5~6分たってやっと奥までいきました。)

  4. 前の続きです。最初は、すぐに、射精しそうでしたが、少しずつ憤れていきました。そして、僕は、風香の中に、ドクドクと脈を打ちながら大量の精子を送り込みました。僕たちは、「あー・・・Jと言いながらカが抜けていきました。そして、20~30秒してから、風香が「重いよ~」とかわいらしい声でいいました。その後、Hの処理をして、途中まで、手を繋いで帰りました。それから、毎日のようにセックスをしました。それから、13年たちました。今は、風香は、僕の妻です。そして、2人の子がいます。また、やりたいけど妻に怒られるのでやめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。