僕の初めてのオナニー体験

たけざわ 29歳 男性
皆さんは、初めてのオナニーはどんな感じでしたか?どうやって覚えましたか?僕の場合はちょっと特殊でした。
中学2年のことです。友だちが僕の家に泊まりに来た時のことでした。ゲームをしている最中、突然、友だちがオナニーの話をふってきました。


「お前、オナニーしたことある?」「え?いや・・・」「マジ?めっちゃ気持ちいいよ。絶対したほうが良い、まじで病み付きになるから・・・」「へー、そうなんだ。でも、なんか怖くて・・・」
僕はオナニー未経験だったので、ちんちんの先から、おしっこ以外のものが出てくるという事が怖かったのです。
その頃はとても初心な少年でした。女性の裸やエッチな本など見ると、気分が悪くなるほどでした。今では、よだれが出ますが・・・。^^:
友だちは熱心に、オナニーの仕方を口で説明してくれました。「この腕がちんこだとするだろ?そしてら、こうやって皮を動かして、しごくんだ。こんな感じで・・。めっちゃ気持ちいいよ」と。
僕には、よくわかりませんでした。やったことないんで、当然です。僕の反応が余りよくなかったからか、友だちは突然、こんなことを言いました。
「今からやってみろよ」
「えー?」こいつ、何言ってるんだろう?と彼の顔を見ましたが、本気のようでした。「ほら、電気消してやるから」
そういうと、彼は電気を消しました。そして「手伝ってやろうか?」とまた変なことを言いました。
「は?お前、ホモか?」と笑いながら言うと、「違う、直接は触らないけど、ティッシュを巻いて触ってやるから。一回やってみろよ」
彼とは小学校の時からの幼なじみだったので、彼がホモであるとは思えませんし、急にホモに目覚めたとも思えません。
どうやら、本当に僕にオナニーを覚えさせたかっただけのようです。
僕はオナニー未経験ですが、自分の勃起したちんちんを人に見せたいという願望はありました。
たとえ、男でもいいから、ちんちんを見せたいと思い、今はいいチャンスかもしれないと思いました。
それで、つい、「わかった」と言ってしまいました。そして暗闇の中で、ベットの上に寝転びました。
「自分でズボン下ろすの恥ずかしいから、下ろしてくれや?」と友達に頼みました。友達は「ああ」と快くOKしてくれました。
恥ずかしいと言うのは半分は本当でしたが、半分は人に脱がされたいと言う願望もありました。
僕はベットに寝転んで、友達がズボンを下ろすのは今か今かと待っていました。友達の前にちんちんをさらすなんて、恥ずかしい・・・。そう考えてくると、ちんちんが少しずつ大きくなってきました。
友だちが、僕のズボンを一気に引きずり下ろしました。僕はトランクス姿になりました。
ティッシュの箱を横において、友だちがトランクスを下ろしました。僕のちんちんが丸出しになりました。
とても恥ずかしくて、でも、なぜかうれしくて、ちんちんは最高潮に勃起していました。はずかしくて、腕で顔を隠してしまいました。
友達は何も言わず、ティッシュをちんちんに巻きつけ、しごき始めてくれました。
初めての感覚でした。なんとなく下半身が気持ちよくなってきたような気がしました。
「どう?」と普通の声で、友達が感想を聞いてきました。ぼくは「うーん。どうかな~?」と聞き返してしまいました。こんな状況で、普通に話すのがとても恥ずかしくて、頭がパニクっていました。
友だちは鼻で笑って、シコシコ続けました。しばらく時間がたつと、ちんちんのまわりがどんどん気持ちよくなってきました。
恥ずかしさと、気持ちよさで足の指がピクピク動いていました。友だちが「お、硬くなってきた」と言い、シコシコしごく手の動きが速くなってきました。
すると、どんどん気持ちよくなってきました。なんか、お腹の奥から何か出そうになってきました。
思わず「あ、なんか出そう。すげー、すげー、気持ちいい。なんか出る。やばい・・・」と言った後、ちんちんからおしっこ以外のものが発射されました。
体中が気持ちよくなりましたが、すぐに恥ずかしくなりました。それも横で友だちが大笑いしているからです。
「はははー、でたー、ひー」とお腹を抱えて笑っています。僕はなんだか急に冷めて、すぐに体中についた精子をティッシュで拭いて、ズボンをはきました。
僕は電気を点けました。友達はまだ笑っています。このときほど、この友だちに殺意を覚えたことは、後にも先にもありません。
気持ちよかったけど、一生忘れられない日になりました。

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。