投薬実験のアルバイトで全裸検査

みなみ 29歳 女性
皆さんご存知のように、新薬モニターのアルバイトは高収入です。私が先日受けたときは最高に高収入ですた。信じられないかもしれませんが、6ヶ月間で300万円の報酬をもらいました。
参加条件が厳しく、6ヶ月間の長期なので、参加できる人が少なそうだったので、もしかしたら受かるかもと思い、応募しました。薬の内容は、女性ホルモンと避妊薬の類のもので、副作用が残るようなものではないと書いてあったので、ためしに応募してみました。
一週間後に、応募先から健康診断と説明会を開催する旨の手紙がきました。まだ、参加決定ではなく、健康診断で可と判断されて始めて参加できるようなことが書いてありました。


健康診断に行くだけで、交通費として1万円ももらえるようだったので、喜んで向かいました。
健康診断の日は、血液検査や身長・体重をはかった後、説明会がはじまりました。同年代の女性が20人程度が集まっていました。
説明会の内容は、一通りのスケジュールの確認や、薬の安全性、後遺症がでた場合の保障など一通り説明を受けました。その後、たくさんのアンケートに記入させられました。
その日はそれで終わって、一週間後に参加決定の手紙が届きました。契約書のサインして送り返すと、数日後に確認の電話が来てました。私は姉と同居していましたが、両親には内緒にしてもらって、半年間の長い試験に参加することを姉に報告しました。
それから数週間後、テストがはじまったので、試験所に向かいました。今回の試験では同世代の女の子が8人参加していました。8人とも同じ部屋で半年間生活することになりました。
最初は、訳あり風のギャルばかりだなと思っていましたが、実際生活してみると、とても楽しい生活が送れました。
試験所の日々は、毎日決まった時間に薬を飲み、毎日全裸で検診を受けることでした。とくに性器の中を覗き込むような検査には、恥ずかしさを通り過ぎて、記憶がなくなってしまっていました。
金曜日の夜の検診には、いつもより多くのスーツ姿の男性まで身にきていたりします。仕事なので、関係な人ではないと思いますが、見ず知らずのたくさんの男性に、性器を見られているのは顔から火が出そうなくらい恥ずかしいことでした。
しかも、生理の日も、毎日毎日検査されるので、試験が終わる頃には裸になることが慣れっこになってしまっていました。女ってこういう経験を続けていくことで、どんどん羞恥心がなくなっていくのなだってアル意味、感心しました・・・。
半年間の長い期間も無事終わり、いまでは、いつでも人前で裸になれます。自信があるとかそういうんじゃなくて、恥ずかしくないんです。隠そうと思わない、見たいのならいつでも見せてあげられます。
夏とかもノーブラでスーパーに買い物にいけるようになりましたし、見られても別になんとも思わないようになりました。
いろんな意味で人が変わったようになった投薬実験でした。これってもしかして副作用?

今日の人気サイト
素人ハメ撮り動画に知り合いを探そうぜwww
このサイトの動画でせいでマニアっくな動画に目覚めたかもwww
とりあえず人気AV女優で抜きたいならここかな?
とにかくDVD画質が糞なほどの高画質でオマンコが観察出来るwww
3 comments on “投薬実験のアルバイトで全裸検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。