会社の緊急処置研修で裸に

さよ 22歳 女性
先日、転職して憧れの法律事務所の受付に転職しました。そこはとても小さな会社で、女性はわたし一人、あとは男性が5人いました。
初日の月曜日は右も左もわからない状態で大変でしたが、二日目の火曜日になると、いくつか仕事も覚え、楽しくなってきました。
その会社は、水曜日が休みなので、明日は休みだと浮かれていましたが、帰り際に
「明日は社内研修があるので、できれば参加して欲しい」と社長に言われました。
 

�§ï¿½�¡�¤�¿�®�¦�­�£�¦ï¿½ï¿½�§�¨�¿�¦ï¿½�²�§�¤�º�¦ï¿½�¿ �¥�¥�³1�¤�º�º�£ï¿½�§�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�³�¥ï¿½�«�£ï¿½�®�¥ï¿½ï¿½�¥�®�¤�£ï¿½�«�¥ï¿½�¥�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�¤�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�¯92�¯�¼ï¿½�£ï¿½�ª�£ï¿½ï¿½�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�¼�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�¦�£ï¿½ï¿½�£ï¿½ï¿½�¯�¼ï¿½�¯�¼ï¿½ �£ï¿½�¢�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�«�£ï¿½ï¿½�§ï¿½�¡�¤�¿�®�¦�­�£�£ï¿½ï¿½�¦ï¿½ï¿½�¤�¾ï¿½�¥ï¿½ï¿½�§ï¿½�»�£ï¿½ï¿½�¦ï¿½ï¿½�©ï¿½ï¿½�©ï¿½ï¿½�¥�®ï¿½�£ï¿½ï¿½�§�µï¿½�¥�©ï¿½�£ï¿½ï¿½�§�´� �¤�º�º�£ï¿½ï¿½�§�µï¿½�¥�©ï¿½�©�¡ï¿½�¦ï¿½ï¿½�£ï¿½ï¿½�¥ï¿½�º�¤�¼ï¿½�£ï¿½ï¿½�£ï¿½ï¿½�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�¼�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�£�£ï¿½�¼ �§�´� �¤�º�º�§ï¿½�¡�¤�¿�®�¦�­�£�¥ï¿½ï¿½�§ï¿½�» �¦�¦�®�¥ï¿½ï¿½�¥�½�© �¦ï¿½ï¿½�¤�¸ï¿½�¦�¶�¼�¥�­ï¿½ �¥ï¿½ï¿½�¨�£ï¿½�§ï¿½�¡�¤�¿�®�¦�­�£�¥ï¿½ï¿½�§ï¿½�» �¤�¸ï¿½�¥ï¿½ï¿½�¨�·�¯ �£ï¿½�¦�£ï¿½�«�¦ï¿½ï¿½�§ï¿½�¸�¨�£ï¿½!!�¥�¤ï¿½�¤�¹ï¿½�¥�¥�³�¦�µ�·�£ï¿½�®�¥�®�¶�£ï¿½�·�£ï¿½�£�£ï¿½�¯�£ï¿½�¼�£ï¿½�«�£ï¿½�¼�£ï¿½� �§�µ�µ�¥�·�» �£ï¿½ï¿½�©�¢�¨�¥ï¿½ï¿½�£ï¿½�®�¤�¸�­�£ï¿½�®�£ï¿½ï¿½�£ï¿½ï¿½�£ï¿½�§

まだ新人なので、断るわけにも行かず、「わかりました」と答えました。
そして、翌日、社内研修に参加しました。どうやら、緊急時の対応や、けが人に対する処置の仕方を学ぶ研修のようでした。
最初は一日中、ビデオを見るだけだと聞いていたのですが、インストラクターの話を聞いて、ちょっと嫌な感じを受けました。
というのも、後で二人一組になって、実習をしてもらいます。と言う話をしていたからです。
二人一組といってもココには、女性は私しかいません。インストラクターも社員も全員男性です。
しかも、みんないい年のひとばかりなので、ちょっと不安になってきました。
そして、ビデオを皆があらインストラクターの先生ががいろいろ説明しています。そのうち、先生がビデオを止めて、「では実習に移りましょう」といい始めました。
私は緊張してきました。「では、隣の人と二人一組になってください」と先生が言い、みんな隣の人と話し始めました。
私はどうしようか迷っていましたが、たまたま隣に座っていたのが社長で、だれも社長とは組みたくなかったのか、社長も組む人がいないようでした。
先生が、「では、お二人は一緒にペアになってください」といい、私はいやいやながら、社長とペアにならざるを得ませんでした。
社長は40代後半で、太っていて、私は精神的に受け付けられません。でも、仕事だから我慢するしかありません。
まず、先生が「包帯の巻き方をビデオのとおりにやってみてください」と言い、各ペアがお互いの腕に包帯の巻き合いをはじめました。
私達も、交代でお互いの腕に包帯を巻く練習をしました。そのとき腕を触られたりしましたが、まあ、あまり気にしませんでした。仕方がないことですし・・。
次は、うつぶせに寝ている人を仰向けにひっくり返す練習です。これはビデオでもやっていましたが、身体と腕を押さえて、一気にひっくり返す方法です。
まずは私が、社長にうつぶせに寝てもらって、仰向けにひっくり返す練習をしました。社長は太っていて、重たかったのでなかなか動きませんでした。
でも何とか、先生のOKをもらい、今度は私がうつぶせになりました。
寝ている人をひっくり返す時、最初に寝ている人の腕を、体の下に入れるとスムーズにいきます。
そのとき寝ている人の腰を少し浮かさなければならないのですが、社長は遠慮なく私のお尻と腰をつかみ、腕を身体の下に押し込みました。
少し恥ずかしかったけど、まあ仕方ないかと思い我慢しました。すると今度、私の身体をうつぶせにする動作の途中でまたお尻に手を当てられました。
もしかしたら、体を支えてくれてるのかもしれないので、感謝しなければならないのかもしれませんが、セクハラかな?とも思ってしまいました。
次は、寝ている相手の身体に怪我がないかの診断をする実習に移りました。
これは相手の身体を触りながら、「痛くないですか?」と問い掛けるものです。
今回も社長がまず寝転びました。私は、ビデオの通り少し遠慮しながら、社長の首や腕、指の先、足を触りながら、「痛くないですか?」と繰り返しました。
先生のOKが出るまで繰り返しました。そして今度は私がけが人の役です。私は寝転んで、社長が私の身体を触りながら「痛くないですか?」と問い掛けてきました。
最初は首のあたりからですが、私が遠慮がちにやるのとは別で、遠慮なく大胆に身体に触ってこられました。
まず首の周り、腕、指、そして太ももから足の先まで、「痛くないですか?」といいながら・・・、とても真剣に練習されているようでしたが、もしかしてセクハラ?という思いも消えませんでした。
そしてお腹や、肋骨の部分まで触りながら「痛くないですか?」と問い掛けてきました。私は肋骨を触られている時、少し胸のあたりを触られそうだったので、胸に片腕をおいて、隠してしまいました。失礼だったかな?
その後、わたしはうつぶせになって、今度は、背中とお尻を思いっきり触られました。
そんな感じで、実習がすすんでいきました。そして、午後、最後の実習に移ってきました。
最後は助細動と心臓マッサージです。これは人形を使って練習するのかと思っていましたが、会社には人形がないようでした。
先生が、「ではだれか実験台になってください」とみんなに言いました。この会社で一番下は、当然おとといから入社の私でした。あとはみんな30代半ばで、家族もちの人ばかりだったので、仕方なく私が前に出ました。
すると先生が、「大丈夫ですか?」と私に声をかけてきました。わたしは「少し不安ですが、大丈夫です。」と明るく答えました。
周りでは笑い声が起きました。私は新人だったので、みんなに良い印象を受け付けたくて、一生懸命でした。まさか、裸にされることはないだろうと思っていました。
服の下には、ブラもシャツも着ているので、そこまでは脱がされてもいいと覚悟していました。
先生が私に寝転ぶように指示しました。みんなの視線が私に集まってきました。先生が「では、ここに突然倒れた人がいるとしましょう」と説明に入りました。
まず、私の脈を取り、「今度は心臓の動きをチェックします。」といいながら、私の胸に手を置きました。
私は顔が真っ赤になるのが自分でもはっきりわかりました。練習だとわかっていても、男性に胸を触られている気がして、とても恥ずかしかったです。
先生はすぐに手を離して「心臓も止まっています、人工呼吸と心臓マッサージに入ります」と言いました。
そして、私の顎を持ち上げ、私の口にビニールをかけ、人工呼吸の真似事をしました。ビニールがあるとはいえ、キスされているようですごい気分が悪かったです。
そして今度は、「心臓マッサージに移ります」といい、私の服を捲り上げました。
それも、あろうことか服とシャツを一緒にめくり上げられました。ブラが丸見えにされされてしまいました。
先生は実践したことがあるのか、とても手馴れていました。私は顔がまっかっかになって、恥ずかしくて恥ずかしくて、身動き一つ出来ませんでした。
すると今度はブラに手を入れて、ブラも思いっきりめくり上げられてしまいました。彼氏にしか見せたことのない小さな胸を、こんなところであらわにされてしまいました。
そして先生が、「この乳頭の間に手の甲をを持ってきて心臓をマッサージします」といい、私の胸の間に手を置きました。
手の甲は私の胸の間にありましたが、手に平では思い切り胸を触られていました。
みんなの注目を浴びながら、上半身裸で胸を露出させているわたし・・・、とても情けなくて涙が出そうになりました。
さらに、そのままの姿でこんどは助細動といって、簡単なパットを胸の上と、わき腹にパッドをつけて、ボタンを押すと心電図を取ったり、電気ショックを行う練習に入りました。
私はみんなの前で上半身裸のまま、モルモットにされていました。
さらにさらに、先生の説明が終わると、私はやっと服を着るように指示されるのですが、その後、5人ともに同じ実習をすることになりました。
結局私は、社員5人全員に服を脱がされ、胸を丸出しにされてしまいました。信じられない話ですが、本当なんです。
その日の夜は恥ずかしくて、悔しくて食事がのどを通りませんでした。次の日、会社に行くかどうかずっと迷っていました。
でも、結局会社に行くことに決めました。胸を見られたくらいで、せっかく採用してもらった会社を辞めるなんて、バカらしいじゃんと、明るく気持ちを切り替えて、元気に出社しました。
みんな朝から笑顔で迎えてくれました。
それから数週間たちましたが、たまに、「君のおっぱいは綺麗だったよ」とかセクハラを言われますが、気にしないようにしています。やっと仕事にもなれ、元気に活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>